看護師

注目されている子供の発達障害|対処法で障害が改善される

心がつらくなったら

相談

近年、心の病気は増加の一途です。厚生労働省は、五大疾病として精神疾患を新たに加えました。このような社会背景で、心が辛くなったら一人で悩まずに、誰かに相談したり、心療内科や精神科に行ってみましょう。岡山県内にも沢山の心療内科があります。自分にぴったりくる心療内科に通い心の荷物を降ろしましょう。

詳細を読む

医療機関選びは慎重に

カウンセリング

心身の不調は誰にも起こり得ることですが、それがあまりに長期に続くとなると治療も検討していきたいところです。練馬にもいくつかの心療内科がありますが、良い改善を得るためには良い医療機関を選ぶことが大事です。評判はしっかりチェックし、良い医師が在籍する医療機関を選びましょう。

詳細を読む

素晴らしい個性を活かそう

女の子

クラスにひとりはいる存在

近年、発達障害と言う障害が注目されていますが、この障害は、何もこの4,5年の間に一気に増えたわけではなく、昔から存在する障害の一つです。近年こそ障害の括りとして発達障害と言う言葉が一人歩きしていますが、昔から、個性的な子供として、クラスに何人かは存在していました。この障害、自閉症に良く見られる対人関係やコミュ力、想像力などが欠如している三つ組みなどの特徴も備えていますが、どれも程度が軽い人が多く、その場合は普通に社会生活も送れる人も多々います。近年は子供の数も減り、一人一人を尊重する教育が重視される様になって来ました。だからこそ、変わった子供に対する違和感が、発達障害という障害を早期発見出来る様にもなってきました。早期発見で療育などで治療すれば、健常者と同じ様に社会生活を送れます。普通にやっていける事はいけるのですが、このまま放置していると、ほんの少し生きにくさを感じてしまうのが発達障害の特徴といえるでしょう。

障害でなく個性として告知

発達障害と健常児の子どもとの線引きは実に微妙で、専門医でないとその判断はつきにくい場合も多々あります。ちょっと変わっていて変だけど、普通に社会生活や集団生活を送れているグレーゾーンと呼ばれている発達障害児も多く存在します。人権問題に発展する場合もあるので、第三者がむやみに障害ではないかと他言する事は出来ませんが、明らかに違和感のある不思議な子も中には混じっています。そういった場合、親も薄々感じてはいるけれど、発達障害と言う烙印を押される事に目を背け、観て見ぬ振りをしている人も多くいます。しかし第三者が冷静に判断すると、他の子と浮いていたり、集団生活が出来ていなかったりと言う問題が浮き彫りと言う場合もあります。もっと発達障害を重い障害と認識せず、ちょっと変わった個性の持ち主で、少し療育や訓練を重ねれば、普通に生活出来るのだと言う障害の特徴を多く知ってもらい、オープンに語れるような病気として社会の在り方を変えて行くと、グレーゾーンや軽度発達障害の子供は、もっと生きやすく、障害を改善しやすいでしょう。

少し悩んでしまったときに

相談

東京で、忙しく働く人の中には、一人で悩んでいる人もいるでしょう。会社にばれてしまうことはないので、一人で悩んでいないで、カウンセリングにかかりましょう。またカウンセリングにいくときは、健康保険がきくか、きかないかをあらかじめ確認すると安心でしょう。口コミなどのサイトを活用してみると便利です。

詳細を読む